ケンコーコム 健康メガショップ ホーム ヘルプ
日本人の85%が足のトラブルを抱えています!足のお悩み解決サロンby Dr.Shcool

脚のむくみには…

一日がんばった足にごほうびにはメディキュット!
医学に基づいた段階圧力設計で、脚をひきしめ、スッキリ美脚に。

メディキュットって?

寝ながらメディキュットは選ばれてシェアNo.1 国内ナンバー1ブランド医学にもとづいたキュットアップ構造様々なシーンに対応 好きな時間に美脚ケア

メディキュットは、フットケア総合ブランド ドクター・ショール発の、英国の医療用ストッキングをルーツに持つ日本初の段階圧力ソックスです。1997年の誕生以来、英国基準の設計で、段階圧力ソックスのリーディングブランドとして、常に女性の健やかで美しい脚をサポートしています。

シーンで選ぶ

寝ながらメディキュットおそとでメディキュットおうちでメディキュットくつろぎメディキュット

▲ページの先頭に戻る

かかとの角質・保湿ケアには…

あなたのかかと、大丈夫!?
角質はほっておくと見た目が悪いだけでなく、足のニオイの原因や巻き爪、魚の目・たこになる可能性が。

角質ケアは「除去」と「保湿」が基本

角質のぶ厚くなった部分をファイルで除去し、そのあとで足裏全体の角質を除去してなめらかに仕上げます。
角質除去の後には、皮膚の乾燥を防ぐための保湿が必要です。

削る角質ケア削らない角質ケアかかとを保湿してなめらかに仕上げる

なめらか仕上げの保湿ケア

仕上がりに見た目でも大きな違いが!

かかとの角質ケアについて「ベルベットスムーズ」と「軽石」のそれぞれを使用し、どちらがより表面を滑らかにするかを比較するために、何もケアをしていない足とそれぞれの角質ケアグッズを使用し、さらに保湿ケアをしたかかとをマイクロスコープで撮影しました。

足の皮膚は通常の20倍の厚さ!
足には足専用の保湿クリームでしっかりケアしましょう。

▲ページの先頭に戻る

におい対策には…

片足発汗量は約100ml/日

足の裏は、身体の中でも手のひらと同様に最も汗腺が密集した場所。
「足の発汗量が多い」ことと、「靴がムレやすい」ことで靴に住みつく菌は非常に多くなります。

靴のムレは40%残留 靴内の菌数は非常に多い!

ニオイを瞬間消臭+ニオイ菌繁殖阻止=ダブルでニオイを撃退したいならコレ!

ドクターショールスプレーが選ばれるワケ…98%ニオイ除去 24時間消臭持続 ニオイ阻止成分コーキンマスター配合

ドクター・ショールがニオイを徹底消臭できるのは初期消臭力に優れて、ニオイの元となる細菌、カビの再繁殖を徹底阻止しているから! こちらもオススメ!ニオイが気になる方へ ドクター・ショール消臭グッズ

▲ページの先頭に戻る

足の疲れ・靴ずれには…

▲ページの先頭に戻る

うおの目・たこができたら…

うおの目・たこを予防するには?

うおの目の予防にはまず、正しくフィットする靴をはくようにすることが大切です。
靴をはいた時に足指を動かせるスペースがあるようにしてください。
たこの場合は足を保湿し、ラフ・スキン・リムーバーやツインヘッドかかとファイルを使ってピーリングを日常的に行うことで、たこができるのを防ぐことができます。
ゆったりした靴をはくこともまた良いでしょう。

出来てしまったうおの目とたこの痛み緩和に、ドクターショールの商品が効果的です。

おすすめ商品

「うおの目」と「たこ」の違い

「うおの目」について

靴などの圧迫により、皮膚が固く盛り上がるだけでなく、芯があるのがうおの目の特徴です。うおの目が圧迫されると芯が直接神経に触れますので激しい痛みが伴います。指の上側や足の内側にできる固い物(ハードコーン)と、指の間にでき、汗のために表面が白く柔らかくなったもの(ソフトコーン)があります。

できやすい場所
「たこ」について

たこは靴との摩擦や圧迫により、皮膚の表面にある角層に絶えず刺激が加わり、角層が厚くなった状態です。しんはありませんが、皮膚が固く盛り上がり、圧迫されると神経に触れて痛みます。たこは通常クリーム色、円形または卵型で光沢を帯びており、うおの目より大きいものです。たこは固く、きめの粗い、乾燥した皮膚にできやすくなります。

出来やすい場所

▲ページの先頭に戻る

痛い外反母趾には…

小さすぎる靴や先の細い靴によって、親指が強く圧迫され、親指のつけ根や関節部分が変形してしまう外反母趾は女性の大敵!

大切なのは、親指と人差し指の間を広げたり、足裏のアーチを整えてあげること。
・・・あなたは大丈夫?

症状にあわせて選べる2タイプ!

うおの目・靴ずれにも使える!

  • ジェルクッション(トゥチューブ)保護して痛みを緩和!

    ご購入はこちら

足の専門家に聞いてみました!

外反母趾は、自然に治ることはありません!

山道いずみ氏外反母趾は何らかの改善をしていかなければ自然に治る事は無く、放置すればさらに足の変形が進みます。重度の外反母趾は、親指の付け根が脱臼状態を起こしており、また、進行が進むと痛みを感じなくなります。他のトラブルが(むくみ・つかれ・角質・膝・腰への負担・巻き爪)深刻になるのです。そこで親指と人差し指の間を広げたり、立体構造(足うらのアーチ)を整えてあげる事が必要です。

(山道いずみ/足の健康美容研究家フットケア専門店「ロワ」主宰)

▲ページの先頭に戻る

商品ラインナップ

むくみ

▲ページの先頭に戻る

*このページはケンコーコムの広告掲載に基づく企画広告ページです。